インスタグラム運用代行/コンサルティング 「ハッシュビズ」 詳しくはこちら

インスタグラムの新機能の最新ニュースとアップデートの方法


最新!インスタグラムの新機能の紹介

2018年6月

フィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を日本国内で導入開始

2018年6月5日、ビジネス利用向けの新たなツールとして「ショッピング機能」が日本国内で導入が開始されました。
この機能は2017年3月から米国をはじめとした海外ではリリースされていましたが、ついに日本にも導入されました。

〇機能の詳細
利用者はiOSかAndroidアプリから対象のアカウントを開くと「ショップ」ボタンが表示されています。
Windowsアプリやウェブ版では表示されません。

投稿一覧にもショッピングバッグのマークが表示されていて、詳細ページから商品をタップすると購入ページに遷移することができます。
そのままショッピングサイトに移動して購入をすることができます。

これまでは、プロフィールのURLから再度商品を探す手間がありましたが、それがなくなり、写真を見て気に入った商品をそのまま買うことができるため利便性が大きく向上しました。

スタートの時点では、
Baycrews (@baycrews)
BOTANIST (@botanist_official)
creema (@creemajp)
Gilt Japan (@giltjapan)
minne (@minne_official)
ZOZOTOWN (@zozotown_official)
の6ブランドで導入されています。

購入までのフロー (@minne_officialより)

 投稿の詳細ページ

対象のアカウントのプロフィール画面を見ると、「ショップ」ボタンとショッピングバッグのマークが見えます。

ショッピングの詳細ページ 通販サイトの購入ページ

投稿から商品の写真をタップすると購入ページへのリンクになり、通販サイトの購入ページに遷移します。

〇どうすれば導入できるのか
では、アカウントオーナーはどのようにすればこの機能を使えるのでしょうか。
リリース情報の中に導入に必要な条件も公開されています。
その条件がこちらです。
======================
・ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである
・Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
・Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)
・上記の要件が満たされると、アカウント審査が行われ、製品のタグ付けができるようになります。
======================
まず、「提供者契約」と「コマースポリシー」に準拠した商品でなければなりません。

提供者契約
https://www.facebook.com/legal/commerce_product_merchant_agreement
コマースポリシー
https://www.facebook.com/policies/commerce

こちらを確認して、取り扱っている商品が該当するか確認しましょう。
コマースポリシーには、禁止の商品が記載されています。

例えば、「危険な栄養補助食品」「医療製品」「アルコール」「不正品」「成人向け製品」や「危険物」などが禁止されています。(詳細な判断基準はFacebook独自の裁量となります。)

また、「物理的な商品」が対象となるため、サービスの販売も対象外となります。

その次に、ビジネスプロフィールへの切り替えとFacebookページとの接続を行いましょう。
この手順の詳細はこちらのページで紹介しています。
【保存版】インスタグラムのビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)の作り方

これができたら商品をFacebookのショップデータベースに登録します。
Facebookページでショップセクションを追加するか、ビジネスマネージャでカタログを作成します。

ここまで完了するとインスタグラム側で審査されます。
審査に通過すると、投稿の際に「製品のタグ付け」のメニューが新たに増え、商品との紐づけが可能になります。

リリース情報の詳細
https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/06/instagram_shopping/


インスタグラム運用代行/コンサルティング 「ハッシュビズ」 詳しくはこちら

2017年12月

ハイライト:公開したストーリーズの中からお気に入りのものをプロフィールに表示しておける機能です。

これまで、ストーリーズは公開から24時間で消えてしまうという時限機能が特徴でした。
今回のハイライト機能のアップデートで、そのストーリーズが消えずに残るようになります。
テーマごとに複数の設定ができます。

ハイライトを作成するには、左端にある「新規」の円をタップします。
そのページの「アーカイブ」からストーリーズを選択し、ハイライトのカバーを選んで名前を付けます。
作成が完了するとプロフィール上にハイライトが円で表示され、タップすると単独のストーリーズとして再生されます。
プロフィールから削除しない限りいくつでも保存しておけます。
ハイライトを長押しすると編集、削除ができます。

ハイライト機能

(InstagramアプリのiOS版およびAndroid版、バージョン25から使用できます。アップデートしてご利用下さい。)

アーカイブ:公開したストーリーズが自動的に保存される機能

ハイライト機能と合わせてリリースされたのがアーカイブです。
これまで、通常の投稿はアーカイブされていましたが、そこにストーリーズも加わった形です。
ストーリーズの公開から24時間後に自動的にアーカイブに保存されます。

プロフィールのアーカイブをタップすると、投稿アーカイブとストーリーズアーカイブを切り替えられます。
ストーリーズアーカイブでは、ストーリーズが一番下にある最近のストーリーズのグリッドに表示されます。
検索がしやすいように、その日の初めの投稿に日付が付きます。

アーカイブ機能

(InstagramアプリのiOS版およびAndroid版、バージョン25から使用できます。アップデートしてご利用下さい。)

ハッシュタグフォロー:ハッシュタグをフォローする機能

ハッシュタグは検索ワードとしても利用できますが、これまでは毎回検索する必要がありました。
新しい投稿を頻繁に見たいハッシュタグがあるときは少々不便でしたが、この新機能により、その手間がなくなります。
お気に入りのハッシュタグをフォローしておけば、いつでも人気の投稿や最新の投稿をチェックすることができます。

これによって、これまではアカウントに対する興味関心によってフォローがついていましたが、アカウントをフォローする割合が減り、一つ一つの投稿自体への共感度が見えるようになります。
つまり、アカウントのフォロワーの重要度が下がり、いいねの重要度が増す影響があります。

ハッシュタグフォロー機能

ハッシュタグで検索

 

フォローボタンが出てきます。

ビジネス活用する企業にとっては、独自のハッシュタグをプロモーションすることで、ファンを集めたり、キャンペーンとして
利用することも可能になります。

また、同時に、そのハッシュタグにふさわしくない投稿があった場合には、「このハッシュタグでは表示しない」を運営に送ることができます。
これにより、ミスマッチした投稿を表示しない対策も取られています。

タグにふさわしくない画像は「表示しない」が可能

インスタグラムの運営チームでも、スパムや好ましくないコンテンツを排除するために、Instagramは自動または手動で、不適切な投稿にフラグを立てて投稿者をブロックしています。
コミュニティ運営チームの何百人もの人々が、ユーザーと自動化されたレポートを監視して、24時間365日休まずにコンテンツをレビューしています。

(InstagramアプリのiOS版およびAndroid版、バージョン25から使用できます。アップデートしてご利用下さい。)

インスタグラムアプリのアップデートの方法

【iphoneの場合】
①ホーム画面から「AppStore」をタップ
②下部の「アップデート」をタップ
③アプリ一覧からインスタグラムを探します。
アイコンの横が「開く」になっていれば自動アップデートが完了しています。
「アップデート」になっている場合はタップして手動でアップデートを行います。

【Androidの場合】
①「Google Playストア」を開き、メニューから「マイアプリ&ゲーム」をタップします。
②「インストール済み」のタブを選択して、アプリの一覧からインスタグラムを探します。
③右下に「インストール済み」と表示されていれば自動アップデートされていて最新版です。
「更新」と表示されていれば最新版ではないので、インスタグラムの欄をタップします。
次に表示される「更新」ボタンをタップして、手動でアップデートを行います。

参考
https://business.instagram.com/blog/stories-highlights-and-archive/
http://jp.techcrunch.com/2017/12/13/2017-12-12-follow-instagram-hashtags/



ページトップへ