インスタグラムビジネス運用コンサルティング hashbiz(ハッシュビズ)詳しくはこちら

インスタグラムでネットショップ通販 | 商品の販売の成功事例


インスタグラムで商品販売、ネットショップ通販はできる?

ネットショップを運営しているオーナーの方の中には、インスタグラムでの集客、販売を狙っている方も多いのではないでしょうか。
利用者数が約2000万人に拡大し、成長を続けている人気のSNSですので、ぜひ活用したいですね。

実は、2016年11月より、インスタグラム内でも米国の20のブランドで購入ボタンのテストマーケティングが実施されていました。
その時には「公式機能がリリースされるのでは」とも言われていましたが、その後正式な機能としてのリリースは今のところはありません。

そのため、現在はインスタグラムの機能として通販の機能や購入ボタンリンクの機能はありません。
公式の機能としては不透明な状況ですが、しかし、これはインスタグラムで通販が成功しない、ということではありません

(※2018年6月に「ショッピング機能」が導入されました。詳細は下記をご覧ください。)

マージェリック社の「Instagramの投稿に対する購買意欲」に関するアンケートでは、約7割の人がインスタグラムの投稿をきっかけに商品を検索したり、購入をしたりといった行動を起こしています。

特に、ファッションや美容関連ではユーザーとの相性もよく、写真で商品を見て気になったらネットショップを探してみたり、インスタグラム内のハッシュタグ検索を使って商品を探したりといった購買行動が起きています。

Instagramの購買意欲アンケート調査

Instagramの購買意欲アンケート調査

https://webtan.impress.co.jp/n/2018/01/19/28055

「商品を購入したことがある」 26.4%
「ネットで商品を検索したことがある」 30.6%
「店頭に実物を見に行ったことがある」 13.4%

調査概要
調査対象:10~30代女性
調査期間:2017年12月22日~12月25日
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:Q1=1065人、Q2,Q3=264人

ただ、現在インスタグラムを使ってネットショップ通販を行うには、プロフィールに通販サイトのURLを設定する方法のみとなっています。

単品の通販であればこれでも特に問題ありませんが、数十、数百の商品を扱うネットショップの規模になるとこれではあまり実用性がないように見えます。

ですが、ここで諦めてはいけません。
ある専用のツールを使うことでこのストレスをなくし、売上につながっている成功事例があります。

(※2018年6月に「ショッピング機能」が導入されました。詳細は下記をご覧ください。)

2018年6月 フィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を日本国内で導入開始

2018年6月5日、ビジネス利用向けの新たなツールとして「ショッピング機能」が日本国内で導入が開始されました。
この機能は2017年3月から米国をはじめとした海外ではリリースされていましたが、ついに日本にも導入されました。

〇機能の詳細
利用者はiOSかAndroidアプリから対象のアカウントを開くと「ショップ」ボタンが表示されています。
Windowsアプリやウェブ版では表示されません。

投稿一覧にもショッピングバッグのマークが表示されていて、詳細ページから商品をタップすると購入ページに遷移することができます。
そのままショッピングサイトに移動して購入をすることができます。

これまでは、プロフィールのURLから再度商品を探す手間がありましたが、それがなくなり、写真を見て気に入った商品をそのまま買うことができるため利便性が大きく向上しました。

スタートの時点では、
Baycrews (@baycrews)
BOTANIST (@botanist_official)
creema (@creemajp)
Gilt Japan (@giltjapan)
minne (@minne_official)
ZOZOTOWN (@zozotown_official)
の6ブランドで導入されています。

購入までのフロー (@minne_officialより)

 投稿の詳細ページ

対象のアカウントのプロフィール画面を見ると、「ショップ」ボタンとショッピングバッグのマークが見えます。

ショッピングの詳細ページ 通販サイトの購入ページ

投稿から商品の写真をタップすると購入ページへのリンクになり、通販サイトの購入ページに遷移します。

〇どうすれば導入できるのか
では、アカウントオーナーはどのようにすればこの機能を使えるのでしょうか。
リリース情報の中に導入に必要な条件も公開されています。
その条件がこちらです。
======================
・ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである
・Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
・Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)
・上記の要件が満たされると、アカウント審査が行われ、製品のタグ付けができるようになります。
======================
まず、「提供者契約」と「コマースポリシー」に準拠した商品でなければなりません。

提供者契約
https://www.facebook.com/legal/commerce_product_merchant_agreement
コマースポリシー
https://www.facebook.com/policies/commerce

こちらを確認して、取り扱っている商品が該当するか確認しましょう。
コマースポリシーには、禁止の商品が記載されています。

例えば、「危険な栄養補助食品」「医療製品」「アルコール」「不正品」「成人向け製品」や「危険物」などが禁止されています。(詳細な判断基準はFacebook独自の裁量となります。)

また、「物理的な商品」が対象となるため、サービスの販売も対象外となります。

その次に、ビジネスプロフィールへの切り替えとFacebookページとの接続を行いましょう。
この手順の詳細はこちらのページで紹介しています。
【保存版】インスタグラムのビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)の作り方

これができたら商品をFacebookのショップデータベースに登録します。
Facebookページでショップセクションを追加するか、ビジネスマネージャでカタログを作成します。

ここまで完了するとインスタグラム側で審査されます。
審査に通過すると、投稿の際に「製品のタグ付け」のメニューが新たに増え、商品との紐づけが可能になります。

リリース情報の詳細
https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/06/instagram_shopping/


インスタグラムビジネス運用コンサルティング「ハッシュビズ」(ショップ対応登場!)詳しくはこちら

 

(以下はショッピング機能が使用できない場合にご参考ください。)

インスタグラム経由で通販をする際にネックとなるインスタの特徴

インスタグラムの通販対策

投稿ごとにURLを設定できない
インスタグラムは投稿ごとにキャプションという説明テキストを入れることができます。
この中にハッシュタグを入れると、検索で表示されるようになり、いいねやフォロワーを増やしていくことができます。
ここに購入ページへのリンクが入れられるといいのですが、現在その機能はなく、この中にURLを入れてもただの文字になってしまいます
そのため、「購入はプロフィールのURLからお願いします。」といった誘導を行う形となり、通販を行うには少し不便な点になります。

ネットショップ内で再び商品を探すのが手間
そして、URLの設定もプロフィールの1か所しかなく、商品ごとのリンクができないのも難点です。
インスタグラムのアカウントを見てある商品を気に入った人がサイトに訪れた際に、もう一度その商品を探す手間が発生します。
これはユーザーにとっては大きなストレスとなり、離脱が増えてしまいます。

インスタグラムのネットショップ対応に特化した専用ツールとは

インスタグラムでの商品販売でネックとなる「商品ごとのリンクができない」「商品を再び探す手間がある」この2点をクリアする専用ツールがあります。

これを使うことで、インスタグラムからストレスなく購入ページに誘導することができます。

専用ツールを使った遷移

専用ツールを使った遷移イメージ

では、その手順を簡単にご紹介します。

ステップ1 インスタグラムの画像をツールに取り込む
事前にツールとインスタグラムのアカウントを連携します。(ツールはインスタグラムのAPI利用認定ツールです。)
「写真の取り込み」を行いインスタグラムの写真をツールの管理画面に取り込みます。
インスタグラムの写真を利用しますので、再度ツールに商品写真を登録する必要はありません。

ステップ2 画像に商品ページへのリンクを設定する

商品ページへのリンク設定画面

商品ページへのリンク設定画面

取り込んだ写真に商品詳細ページのURLを設定します。
自由なURLを設定できますので、どんなネットショップにも対応しています。
各種ASPやネットモールでも利用可能です。

ステップ3 専用ページのURLをプロフィールに設置
ツールの専用ページが生成されますので、これをプロフィールのURLに貼って、「こちらから購入できます」という形で紹介します。
これでインスタグラムの投稿順と連動したネットショップへの橋渡しとなるサイトを作ることができます。
ユーザーは商品を見つけやすくなり、スムーズに購入に誘導できるのです。

 

アクセス分析も可能

ツールの管理画面では、週間のアクセス数や商品ごとのクリック数を分析することもできますので、インスタグラムと相性のよい商品を判別することもできます。

アクセス解析画面

週間アクセス解析の画面

写真別のアクセス数

写真別のアクセス数

インスタグラム通販の成功事例「ママルカコ」

このツールを活用して売上を伸ばしたのが「ママルカコ」さんです。

ママルカコのインスタグラム

ママルカコのインスタグラム

https://www.instagram.com/mama_lucacoh/

ママさん向けのグッズやおしゃれ雑貨を扱うママルカコさんは、インスタグラムのメインユーザーと相性がよく、アカウントのフォロワーも約3000人ほどになります。
(弊社のインスタグラムコンサルティングの「ハッシュビズ」をご利用いただいています。)

このツールを導入して約半年で、週間のウェブクリック数が250購入件数も1か月で30件以上に成長しています。
一部商品では在庫切れが起こるほどの人気の通販サイトです。

参考
https://webtan.impress.co.jp/n/2018/01/19/28055
http://insta-antenna.com/howto-shopnow
https://eczine.jp/news/detail/5475?utm_source=eczine&utm_medium=teikimail20180307

10年のウェブ&システムディレクターを経てヒキガネを設立。

インスタグラムのビジネス活用のコツを発信していきます。


インスタグラムビジネス運用コンサルティング hashbiz(ハッシュビズ)詳しくはこちら


ページトップへ