大阪のコンテンツマーケティングの会社と成功事例


コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、価値のある情報を発信することで見込み客に存在を知ってもらい、そこから商品やサービスの購入に繋げる手法です。
広告のように、いきなり商品をPRするのではなく、その手前にあるニーズや悩みにアプローチをしていきます。

SEOやSNSなど、媒体によって「コンテンツ」のあるべき内容は異なり、それぞれに合った形で提供することがカギになります。

コンテンツマーケティングの成功にむけて

コンテンツマーケティングは、コンテンツとして役立つ情報やノウハウを公開していきます。
ノウハウを無料で提供すると、顧客を失うように思うかもしれませんが、それ以上にメリットがあります。

最も大きなものは「信頼性」「権威性」「知名度」が得られることです。
これは、本を出版することと似ています。

例えば、ある業界の専門家の方がそのノウハウを本にして出版した場合。
その場合も、本を買って読んだ人はその内容も参考にしますが、それ以上に、その人がその道の専門家だとして広く認識されます。
本の場合「先生」と呼ばれるようになったりしますが、これこそが「権威性」を獲得したことになるのです。
多くの場合、本を出して有名になるとその人への仕事の依頼は増えることになるでしょう。

これがコンテンツマーケティングを行う一番のメリットです。
コンテンツを通じて専門家であることや商品のメリットを認知してもらえるのです。

WEBコンサルティング

コンテンツマーケティングをSNSで行う大阪の会社

SNSにおいては、画像や動画がコンテンツマーケティングと相性がよく、活用するメリットになります。

コンテンツ作成が比較的容易
SNSの場合、動画や画像がコンテンツとなるため、制作にかかる時間がテキストに比べて短くできるメリットがあります。

例えば、Youtubeの場合、動画がコンテンツとなります。
多く活用されているのが整骨院です。
腰痛や首の痛みなどの治し方、自分でできるセルフケアのコツを動画で配信されている治療院がよくあります。
動画の場合、編集作業も必要になりますが、今はスマホで簡単に撮影もできるので慣れれば比較的簡単といえるでしょう。

多くの人に見てもらえる
SNSには非常に多くのユーザーがいます。
Youtube  6,000万人
Instagram 2,900万人
これらのユーザーに向けて情報を発信できる場があることは大きなメリットではないでしょうか。

もし、自社サイトに動画コンテンツを掲載しても、そこに人を集めてくるのは大変です。
SEO対策や広告など、集客施策を打つ必要があります。

すでにユーザーが集まっているSNSを使うことでより簡単にコンテンツを見てもらう事ができます。

SNS活用の難しさ、デメリット

ユーザーの反応を得られるか
SNSでは、ユーザーは見たいものだけを見ます
ユーザーの興味を引かなければ全く反応は得られません。
どのようなコンテンツを作れば見てもらえるのかを考える必要があります。
そこが難しい点ですが、上手くフォロワーを獲得できると多くの人に見てもらえます。

継続が必要
SNSでは、大量のコンテンツがあふれているため、コンテンツがすぐに過去のものになっていきます。
そのため、継続的に投稿を続ける必要があります。
コンテンツのネタを常に考える必要があります。

参考
https://guratto.com/



ページトップへ