インバウンド集客ならインスタグラム!プロモーションに有利な理由とは


インバウンド(訪日外国人)の方の情報収集方法の傾向

2015年の観光庁の調べでは、訪日英国人観光客が旅行計画を立てる際に利用する情報収集手段は1位が「日本在住の親族・知人」で36.4%、2位が「口コミサイト(トリップアドバイザー等)」で31.3%となっています。

【旅行前の情報ソース】
日本在住の親族・知人 36.4%
口コミサイト(トリップアドバイザー等)31.3%
旅行ガイドブック 27.1%

また、訪日後の旅行中に情報収集する方法で最も多いのが、1位が「インターネット(スマートフォン) 」で46.7%、2位が「インターネット(パソコン)」で37.1%、3位が「日本在住の親族・知人」33.0%となっています。

【旅行中の情報ソース】
インターネット(スマートフォン)46.7%
インターネット(パソコン) 37.1%
日本在住の親族・知人 33.0%

このように訪日前と訪日中では情報源が異なる点がポイントです。

また、この中で出てくるトリップアドバイザーですが、こちらは全世界に会員を持つ旅行の口コミサイトです。
「宿泊施設」「レストラン」「観光施設」の口コミ情報が集まっています。
2000年にアメリカでサービス開始、2005年にイギリス、日本では2008年よりサービスが開始されています。
欧米の利用者が多くインバウンド向けの情報発信メディアとして利用できます。
トリップアドバイザーの特徴でもポイントがあります。

トリップアドバイザーのユーザー調査によると、旅行の際に毎回トリップアドバイザーの口コミを参考にする割合は、
宿泊施設 84%
レストラン 59%
観光施設 50%
となっています。

これを見ますと、旅行前に宿泊場所を決める際にはじっくり口コミを見て決めるが、旅行中に利用するレストラン、観光の情報については口コミをそれほど参考にしていないことがわかります。

上記の「旅行中の情報ソース」と合わせても旅行先ではまた違うメディアを利用していると考えられます。

参考、参照元
訪日ラボ
https://honichi.com/news/2016/06/16/honichieikokujinkanko/

トリップアドバイザー
会員登録数:4,800万人
月間ユニークユーザー数:2億人
https://www.tripadvisor.jp/

 

インバウンド向け集客にインスタグラムがおすすめの理由

さて、そこでインスタグラムですが、世界の利用者数はこのようになっています。

インスタグラム
月間ユニークユーザー数:7億人
月間アクティブ率:84.7%

そのほかのSNSと比較すると、
Facebook
月間ユニークユーザー数:20億人

Twitter
月間ユニークユーザー数:3.3億人

LINE
月間ユニークユーザー数:2.2億人

となっています。
日本では人気のTwitterやLINEでも、世界で見てみるとインスタグラムの方が2倍以上の利用者がいることがわかります。
インバウンド向けのメディアとして活用できることがわかります。

では、実際に日本の観光地などがどのくらいの投稿されているか見てみましょう。
インスタグラムではハッシュタグと呼ばれる#(ハッシュマーク)を付けて投稿することで検索ができるようになっています。

#kyoto
投稿数:7,801,301件
https://www.instagram.com/explore/tags/kyoto/
780万件以上の投稿があります。

kyoto

#kyoto

#kiyomizutemple
投稿数:38,183件
https://www.instagram.com/explore/tags/kiyomizutemple/

kiyomizutemple

#kiyomizutemple

#naradeerpark
投稿数:9,565件
https://www.instagram.com/explore/tags/naradeerpark/
奈良公園の鹿はインスタ映えするため人気です。

naradeerpark

#naradeerpark

これらの投稿は外国人旅行者が訪日中にスマホを開いて投稿しています。
旅行中に多く利用される点がポイントです。
その中に興味を持ってもらえる投稿をすることで集客、プロモーションに結びつけることができます。


インスタグラム運用支援サービス 「ハッシュビズ」 サービスページはこちら

インバウンド集客の活用事例

#kiyomizutempleの中によい事例があります。
上記の#kiyomizutempleの写真の最上段の真ん中の写真は舞妓体験ができるサービスを紹介する投稿になっています。

舞妓変身スタジオの投稿例

この場合、「kiyomizutemple」で検索した人がこの投稿を見ることでそのサービスを知る流れになります。
着物の写真を見て気になった方が投稿者のアカウントを見に来ます。

舞妓変身スタジオのアカウント

そして興味のある方はそこから体験にやってきます。
さらに、体験した方が自身のインスタに投稿することで、その方のフォロワーにも知ってもらえるため、口コミ効果にもつながります。

外国人フォロワーが集まっています

「舞妓変身スタジオ四季」
https://www.instagram.com/maiko_henshin_shiki/
(弊社のコンサルティングサービスとは関係ございません。一般事例としてご紹介しております。)

このように、検索と口コミの両方に利用できるのがポイントです。

整理しますと、

訪日外国人が日本に旅行中に観光地で投稿、インスタグラムを開く

ハッシュタグ検索や友人の投稿によりお店やサービスを知る

お店やサービスを体験

その際の写真を投稿

フォロワーに情報が拡散

このようにしてインバウンド向けに認知が広がります。

参考
instagram-press.com
https://www.facebook.com/business/news
http://files.shareholder.com/downloads/AMDA-2F526X/4359595846x0x939180/D573ECEC-FE9A-41D2-AF39-41503BDBEA80/Q117_Shareholder_Letter.pdf
LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料

 

インスタグラムでの集客、プロモーションのポイント

・写真で魅力を伝えられるか
インスタグラムは写真を使ったSNSです。
「インスタ映え」という言葉もあるように、写真で伝わりやすい商品、サービスである必要があります。
自社のサービスとインスタグラムの相性がいいかどうかがポイントです。

・プロフィール、WEBサイトの海外対応
インスタグラムを始める際には、webサイトの準備、プロフィールの英語文を用意しましょう。
ダイレクトメッセージや問合せが英語で来ることが予想されますので対応できるか確認しましょう。

・投稿、ハッシュタグの使い方
投稿時にも英語分や英語のハッシュタグを入れられます。
ハッシュタグの使い方やルールもありますので事前に確認しましょう。

訪日外国人の方がよく利用しているハッシュタグの例
#japantrip(102万件)
#ilovejapan(32万件)
#japantravel(42万件)
#thisisjapan(13万件)
#traveljapan(29万件)
#japantrip2016(8万件)
#japantrip2017 (6万5千件)
#japanholiday(2万8千件)

 

ご注意点

今回ご紹介した情報、事例はあくまで1つの参考情報となります。
インスタグラムは継続的に運用することでプロモーションにや集客につながります。
商品やサービスによって活用の仕方も異なります。
詳しくは当社のコンサルティングサービスをご利用ください。



ページトップへ