インスタグラム運用代行/コンサルティング 「ハッシュビズ」 詳しくはこちら

【保存版】インスタグラムのビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)の作り方


ビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)とは

一般のアカウントの場合、投稿に対する反応は「いいね」と「フォロワー」の数しか見ることができません。
個人の利用で友達や知り合い同士で見るための利用であれば特に差し支えありませんが、いいねやフォロワーを増やしたい、と思った場合にはこの情報だけでは物足りません。
もっと詳しい情報があれば改善や目標設定ができますね。

そこでInstagramに用意されているのが「ビジネスプロフィール」です。
「ビジネスプロフィール」に切り替えることでマーケティングに必要なインサイト情報を見ることができます。
さらに、「電話」「メール」「道順」のメニューも使用できるようになり、ユーザーからのコンタクトポイントも増えます。

「ビジネス」と名がついていますが、特に料金が発生したりはしません。
無料で個人の方でも利用できます。
企業だけでなく、インスタグラマーを目指す人や店舗のオーナーの方にも便利な機能ですのでぜひ活用しましょう。

ビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)の作り方

ビジネスプロフィールにするためには、フェイスブックページと連携させる必要があります。
フェイスブックページを用意し、インスタグラムアプリのオプションの中にある「ビジネスプロフィールに切り替える」から連携します。

ステップ1 フェイスブックページを作成する

まず始めにフェイスブックページの準備が必要です。
フェイスブックのアカウントがない方は、まず個人アカウントを作成します。
その後、フェイスブックページを作成しましょう。
企業や店舗ですでにフェイスブックページがある方は、フェイスブックページの所有者のアカウントが必要になりますので確認してください。
もし、過去に誰かのアカウントで作成していたが、そのアカウントがわからない、という場合は新規に作成しても問題ありません。

(フェイスブックページの作成手順)

・個人アカウントでフェイスブックにログインし、メニュー(PCでは右上の▼マーク)から「ページを作成」をクリック

・ページのカテゴリを選択

・ページ名と詳細カテゴリを選択(ここで選択したカテゴリはインスタグラムにも表示されます。)

・プロフィール写真を追加(スキップもできます。)

・カバー写真を追加(スキップもできます。)

・完成

以上でフェイスブックページの作成は完了です。


インスタグラム運用代行/コンサルティング 「ハッシュビズ」 詳しくはこちら

 

ステップ2 インスタグラムのアプリ版からログイン
フェイスブックページの用意ができたら、インスタグラムにログインします。
インスタグラムにはウェブ版やウィンドウズアプリ版もありますが、iOSかAndroidアプリ版でログインしてください。

フェイスブックページとの紐付けも行いますので、同じ端末でフェイスブックページの所有者のアカウントでフェイスブックアプリにもログインした状態にしましょう。

 

ステップ3 「ビジネスプロフィールに切り替える」
・メニューの中から「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択(Androidアプリの場合は「事業者アカウントへの切り替え」)


・フェイスブックページを選択



・メール、電話、住所の連絡先情報を設定(いずれか1つが必須です。インスタグラムに該当のボタンリンクが表示されます。)

これで完了です。
ビジネスアカウントになると、三本線のグラフマークと「電話・メール・道順」のメニューのリンクが表示されます。


インスタグラム運用代行/コンサルティング 「ハッシュビズ」 詳しくはこちら

インサイトデータの活用方法

ビジネスアカウントに切り替えると、過去7日分のインサイトデータが確認できます。
その項目をご紹介します。
インサイトデータは「アクティビティ」「コンテンツ」「ターゲット」の3つに分かれます。

・「アクティビティ」
アクティビティはアカウントへのアクセス数を見ることができます。
アカウントがどのくらい見られているのかの指標になります。

(各項目の説明)
インプレッション:投稿が表示された合計回数
リーチ:投稿を見た方のユニークアカウント数(≒投稿を見た方の人数)
プロフィールへのアクセス:プロフィールの閲覧数
ウェブサイトクリック:プロフィールにあるウェブサイトのタップ数
電話・メール・道順:各メニューのタップ数

 

 

・「コンテンツ」
コンテンツは過去1年分の投稿した写真(動画)のパフォーマンスを見ることができます。
それぞれ、インプレッション数、いいね数、コメント、フォロー、などでフィルターをかけてランキング形式で確認することができます。
いいね数が多い投稿はどんな投稿だったのか、フォロー増加につながったのはどの投稿か、など投稿の分析に使えます。

・「ターゲット」
ターゲットはフォロワーの属性を見ることができます。
年齢、性別、地域、時間帯などを把握することで、アカウントに合ったターゲット層にアプローチができているか確認できます。
ただし、インスタグラムのプロフィール設定には性別の項目しかなく、基本データはフェイスブックのアカウント情報が元になっているため、完全に正確なデータとは言い難い点があります。
特に、10代、20代の世代ではフェイスブックアカウントを持っていない人も多いため、年齢層は高めに出る傾向があります。

 

 

  

このように、ビジネスプロフィールにすることで、アカウントの中身がかなり詳細に分かるようになります。
もし、この情報がなかった場合、手探りでアカウント運用をすることになってしまいます。
やみくもにフォロワーを増やしたり、反応の悪い投稿を続けてしまったり、と効果のないインスタグラム運用になってしまいます。
詳細な情報を取得することでと、インスタグラム広告に活用したり、キャンペーンに活用したりと正しいアカウント運用に役立てることができますので、ぜひご活用ください。



ページトップへ